きままにかくよ

きままにかくよ

ガジェット関係を中心にレビュー記事などをきままに書いています。

Apple『BeatsXイヤフォン』を一ヶ月使ったのでレビュー

f:id:zqawas:20170802172046j:plain

みなさんお久しぶりですジンです。
最近、「耳からうどん」で注目を浴びたAirPodsをつけた方を街でよく見かけるようになりました。iPhone7からイヤホンジャックが廃止されたこともありワイヤレスイヤホンが注目されています。今回はEarPodsと同時期に発売されたビーツ・エレクトロニクス社のBeatsXイヤフォンを購入してから約一ヶ月使用したので簡単にレビューを書いていこうと思います。

商品名BeatsX Wirelessイヤフォン - Beats by Dr. Dre
値段:¥15,980
カラー:ブラック
使用期間:2017年7月1日〜8月2日
ペアリング端末:iPhone6s
使用環境:主に室内
1日平均使用時間:14時間
使用目的:作業中に音楽を聴く
その他:こまめに電源はオフにせず一日中ペアリング状態にしている

デザイン

f:id:zqawas:20170802174843j:plain:w700

最初はどこにバッテリーが入っているのかわからなぐらいシンプルなデザインでした。イヤホンには珍しいフラットケーブルを採用しているため首にかけても違和感はありません。イヤホン部分が磁石でくっつくためネックレスとして使うのもアリですね!

音質

f:id:zqawas:20170802151950j:plain:w700

低音に強く高音は若干弱い印象です。低音域に関してはワイヤレスイヤホンとは思えないほど音が広がります。高音に関しては弱いです。アニソンなどの女性ボーカルの曲を聴くと稀にノイズが入ります。タッチノイズなどはほぼないためランニング中などでも使用できます。

バッテリー

f:id:zqawas:20170802175137j:plain:w700

フル充電で音楽を持続的に再生していた場合、7時間程度は使えたためまずまずの性能と言えます。充電は50分程度でフル充電となるため非常に早いです。長時間使いたい方は小まめに電源のオン・オフをオススメします。

機能性

f:id:zqawas:20170802174837j:plain

各種ボタンに機能が割り振られており使い勝手は良いです。再生停止ボタンをダブルタップすることにより次の曲を再生など機能的には申し分ありません。しかし、電源ボタンが非常に小さいためが電源をオンにする際などは少し使いづらいです。長時間BeatXを使用していない場合、自動的にペアリグは切れますが自動で電源はオフにならないためマイナスです。

評価

f:id:zqawas:20170802182154j:plain

評価として各項目から5点満点中で点数をつけてみました。
満足度は5点満点中4.0点です。マイナス点としてはやはり機能性の部分です。電源の自動オン・オフ機能がない他にボタンが押しにくいなどが挙げられます。しかし、デザインはシンプルでありながらアクセサリーのような見た目であるため日常的につけるのには優れているかもしれません! 皆さんもこれを機に購入してみてはいかがでしょうか?


Beats by Dr.Dre BeatsX Bluetoothイヤホン ブラック MLYE2PA/A 【国内正規品】